レンタカーや夜行バスなどの利用方法。旅行先で活用。

北海道から沖縄まで旅を楽しむレンタカー

ホテル利用料の値上げ

ホテルの宿泊代金の傾向

ホテルの今後の宿泊代金は、恐らく値上がり傾向となっていくと思われます。 理由としては、消費税の増税に伴う単価の変更と、円安による物価上昇による原価上昇、東京オリンピック景気による値上げなどが考えられます。 消費税の増税については、現状の8%から10%にUPした場合、簡単に数百円は上がると思います。ただし、これはホテル利用者も致し方が無いように捉えると思います。円安による物価上昇は、今現在も仕入れ値が上昇している状況ですので、内部調整を行いながら、目に見えないように値を上げてくると思います。最後のオリンピック景気ですが、今は落ち着いていますが、オリンピック前後は景気のいい状態が続くと思いますので、ホテルは値上げでなく値下げをしないで販売を行うと思われます。ホテル利用者にとってはどちらにせよ、宿泊代金は上昇傾向にあると思われます。

いろいろなホテルの形態

ホテルと言ってもターゲットとしている人が違っています。楽しむために訪れるような旅行客には、豪華な客室と美味しい地元の食材を活かしたご飯が用意されているようなホテルを考える人が多いです。 一方で、仕事で出張するための、いわゆるビジネスホテルになれば、日中は企業で働いたり、仕事が終わったら飲みに行ったりと、ホテルの存在は単に寝るだけの場所というホテルもあります。 しかしその分、ビジネスホテルは、寝てシャワーを浴びることができればいいので、料金も安くなっていて、出張が多い企業としてはビジネスホテルを活用することは経費削減になり便利な存在です。 最近では各地にそれぞれのスタイルのホテルが存在していて用途に応じて使い分けることができるようになっています。