レンタカーや夜行バスなどの利用方法。旅行先で活用。

北海道から沖縄まで旅を楽しむレンタカー

バスの移動

待合場所などの環境が大きく向上

つい数年前まで深夜バスといえば、新幹線や飛行機に比べると価格が安い面が大きく、学生などの若い層や仕事上での移動方法の一環としての利用方法が多数を占めていました。待合場所もバス乗り場の停留所での待ち合わせなども多く皆無言で待っている風景がよくありました。現在では待合場所にはビルなどの一角が用意され案内専用のスタッフが受付などを行っています。多い場所では日に10便以上は発車するであろう予定を管理し停留所までの道案内や予約状況の閣員を行っています。バス利用者も待合場所で発車時間近くまで待合場所で待機することが出来ます。場所によってはトイレや携帯電話の充電のためのコンセントも用意されており雨風などを気にせず待機できるのは大きな変化でありありがたく思います。しかし深夜バスの利用者も年々増え待合所も大抵混雑しているため、早すぎる到着は控えたほうが良いと思います。

利用者も徐々に変化しており到着場所にも注意が必要

到着場所もいろいろな場所となってきました。深夜バスの到着も増えたきたためか液まで数分歩くような到着場所もあるため、到着する停留所から駅など利用交通手段までの道なりも調べておくと良いです。最近では海外からの旅行者も深夜バスをよく利用しています。夜中に移動することにより時間を有意義に使うことが出来るようです。その層は友人同士から夫婦まで幅広い層の方が利用されています。何度か遭遇した場面として、到着したバス停から駅までが少し離れたとことにあり。駅までの道を聞かれたことがありました。片言ながらに教えてあげることもあり、到着場所の確認も意外に役立つこともありました。深夜バスは利用者や本数。目的地など年々変化しこれからもさらに交通手段の一つとして広まっていくものと思います。